みんなと仲良く元気に遊べる子、思いやりのあるやさしい子、物事をよく見、お話をよく聞き、そしてよく考えることのできる子、最後まで頑張り通すねばり強い子

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

チェリー幼稚園

お電話でのお問い合わせ 03-3605-1580(代)

東京都足立区綾瀬7-17-3  

チェリー幼稚園

本文のエリアです。

よくあるご質問

多くの子供たちが通う園ですので、まず安全に園生活が送れるようでなければと思いますが?

まず、生活全般について言えば、交通 安全指導だと思いますが、
これは、例年5月に交通公園にての安全指導、また警察署を招いての安全指導を行い、毎月、実際に横断歩道を渡ったり、信号のある交差点を渡るなど、定期的に交通安全指導を行っています。
この安全指導は公園散歩などを通して日常的に行うことが大切であると考えています。
また、園内での安全についてですが、教師がすべて当番制のもとに園児から目を離さないように、事故防止に努めています。登園、降園、自由遊びの時間など目を離しがちですが、チェリーでは常に教師がついています。

チェリーでは、文字・数・漢字あるいは知能教育など、いわゆる早教育を行っていますか?

チェリーでは、今その時を大切にしています。
文字、数、漢字などは、子どもたちの日常生活にとってどれだけ大切なものでしょうか。
たとえば、4歳の幼児がかりに新聞が読めて、小説が読めてもどれだけの意味があるのでしょうか。 幼児期の絵本は子どもたちの創造性を豊かにしてくれます。
文字が読めると創造性を豊かにするチャンスを失ってしまいます。
あかちゃんが歩行器などを使い、ハイハイの経験をせずに歩き出すと、足腰の弱い子になってしまうと言われています。
早く早くでは必ずしも良い結果を生みません。
チェリーでは、特別な文字、数などの教育は行いませんが、 園生活を通して自然に日常生活に必要な範囲で理解できればと考えています。

チェリー幼稚園の保育の特徴はなんですか?

一言でいえば一人ひとりの園児が自分の好きなことが十分にできる園でありたいと考えています。それは、幼児期に一番大切なものであるお遊びが十分にできる園ということです。自分の好きなこと、やりたいことが十分にできること、それは意欲のある子に育ちます。もちろん、集団行動ですから、一定のルールが必要です。安全であること、順番を守ること、一人で遊具を独占しない、後片づけをするなどは大切なことです。そうした範囲内であればやりたいことを思う存分やらせたいと考えています。個性的で意欲、やる気のある子に育ちます。チェリーでは毎日遊びのための時間を設けて、その日は遊びだけをして帰るという保育を行っております。その結果、チェリーっこと呼ばれるように、明るく、のびのびとして、こどもらしい、ひとなついこが多くなっているます。

思いやりのある子に育てたいと考えていますが、そのための保育を何かしていますか?

チェリーでは、思いやりのある子になってほしいと考え、3歳児、4歳児、5歳児が兄弟クラスをっくり、日常の生活はもちろん、特に縦割りの日をもうけて、年長児が年中、年少児の面倒をみる機会を多く作っています。
その結果、家庭でも、下の子の面倒をよくみるようになったという意見を聞きます。また、ケンカなどのトラブルも少なくなっています。小動物を飼って、優しさ、命を大切にする保育も行っています。また縦割りクラスで園で収穫したジャガイモなどを使って調理を行なったりします。

自然教育面、行事についてはどの程度ですか?

よく見て、よく考えてという教育方針です。カメ、ウサギ、その他の動物、また栽培教育としてナス、アサガオ、トマトなどやチューリップ、クロッカス、スイセンなどを園児一人ひとりが育てています。また、自然観察農園では、芋掘り、ジャガイモ掘り、ダイコン掘り、ポツプコーン狩り、ミカン狩りなども楽しめ、水元公園の園外保育やたこ揚げ大会、スイ力割り大会、ドジョウのつかみどり、どろんこあそび、ザリガニ釣り、夕涼み会、陶芸教室、お泊まり会などいろいろな行事があります。動植物は人間の様に要求を言いません。言わないからこそ、水やり、肥料やり、エサやりなどきちんと行ない大切に育てなければなりません。大切なものを体験を通して知ります。

保育には保護者、教師、園との相互の信頼関係が大切と考えますが、そのために具体的に園ではなにかしていますか?

保護者と教師が話し合える場を設ける必要がありますが、入園後まもなくと、1学期、2学期の学期末に個人面談の場を設けています。また、園の行事については、それぞれの行事ごとに保護者のみなさんに当番としてお手伝いをいただいています。園に来ることにより、我が子の様子はもちろん、他のお子さんの様子が分かり、また、保護者同士が知り合いになることもあります。また、チェリー独特のものかと思いまずが、保護者と教師との交換日記(連絡ノート)があります。これは、ご家庭のお子さんの様子、教育方針、教師への質問、また、行事などの感想を書いていただくとともに、教師からはお子さんの園での様子や質問にお返事します。書くことは園児をよく見ることでもあり、また記録することでもあります。ノートは在園中使用しますので、園児の成長記録として残すことができます。全てを園に任ぜるのではなく、行事を中心に保護者も参加し、いろいろ考え、悩み、工夫して教師、保護者として園児がともに成長できる幼稚園を目指しています。

個性を伸ばしたいと考えていますが、チェリーでは個性を伸ばすための教育を具体的にはどのように取り組んでいますか?

とにかく自由に活動できる時間を多く設けるとともに、特に遊びの日には、各教師がいろいろな遊びに取り組めるように遊びの環境を用意しています。また、制作物なども一人ひとりが違う物を作り、名前が記入されていなくても自分のものであると分かる物を作るようにしています。そして、廃材遊びなども個性を伸ばすには良い教材ですので、大いに取り組んでいます。題材やテーマだけを与えてなるべく自分なりに考えて作るようにしています。

幼児教育で一番大切なことと思うことはなんでしょうか

少し前、『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(ロバート・フルガム著)という題の本が話題になりましたが、ご存じの方も多いのではないでしょうか。たとえば…何でもみんなで分け合うこと、ずるをしないこと、人をぶたないこと、使ったものは必ずもとに戻すこと、ちらかしたら自分で後かたづけすること、その他…、本当に知っておかなければならないことを1つ残らず幼稚園で教わった…と記述されていますが、ごく日常的に園では行っている特別ではないそのこと自体が大切なことだと思います。毎日元気に幼稚園に来て、そして多くの友達とたくさん遊ぷこと、幼稚園児はそれでよいのではないでしょうか。幼稚園の頃の遊びはそれ自体が目的なのです。小学生以上のそれは、勝ち負けを競いあったり、健康のためとか、ストしス解消のためとかいろいろな他の目的がありますが、幼稚園児の遊びは、ただ遊ぷことが大切で、他の年齢には見られないものなのです。だから、このときの遊びをしなかったなら、ある意味で二度とそうした遊びを経験ぜずに大人になってしまいます。おけいこごと、習い事も大切ですが、チェリーでは幼児期にしかできない遊びを大切にしています。チエリーでは見学を希望される方に必ず園児の遊んでいる姿を見てほしいといいます。園児の遊んでいる姿こそ、園の保育に対する姿勢が一番よく分かるのではないでしょうか。背伸びをせず、今その時を大切にしたいですね。

チェリー幼稚園では、預かり保育を行っていますか?

平成13年度より預かり保育を行っています。
原則として土曜日、日曜日、休園日を除き、午後6時30分までお預かりします。また、春、夏、冬休み中も行っていますので、詳しくはお問い合わせください。

ページトップへ戻る